いわさか歯科医院の診療内容

歯科(一般歯科・予防歯科)

なるべく歯を抜かず、健康な歯を健康なままに。
可能な限り歯を抜かずに治療し、保存できるような治療法を採用しております。しかしながら患者さんの日常のお手入れは健康な歯を保つ上で非常に重要になってきます。必要に応じてブラッシング指導を行ったり、定期検診の機会をもつことで、お口の健康管理を行っております。
また、歯科医師と患者さんとのコミュニケーションを重要だと考え、治療方法の内容をご確認、ご納得頂いてから治療開始というスタンスをとっております。

1063d.jpg

 

 

虫歯治療

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、口腔内の環境を良い状態で保つ事が大事です。
大人の虫歯の場合、早期発見・早期治療が大事です。当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。そのためにも、早めに治療においで下さい。また歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けて頂くことが、一番の虫歯予防になります。予防歯科という概念と正しいお手入れ方法や知識を持って頂くことが大事だと考えております。

 

予防歯科

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?

もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんと生かされていないのかもしれません。

予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありません。虫歯を完全に防ぐことはできませんが、しっかりとした予防を行うことで大切な歯を守りましょう。

メインテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。

そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメインテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

 

フッ素塗布

.jpg 1063op_bio2.jpg

 

PyoCure(パイオキュアー)

パイオキュアーは、う蝕予防、根管治療に活躍するフッ素イオン導入装置です。
パイオキュアーは、う蝕に抵抗性のあるフッ化リン酸カルシウム(フルオロアパタイト)の歯質を作る、フッ素イオン導入装置です。う蝕予防に効果を発揮するとともに根管治療にも使用できます。
通常、フッ素局所塗布の場合は30分~1時間、うがいや飲食を控えなくてはなりません。パイオキュアーによるイオン導入法ではそのような制限がなく、導入後すぐに食事をとることも可能です。処置時間は上下合わせて6分間で負担も少ないです。

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
079-502-0461